foodstock 飯岡

日本の美味しい四季折々
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
彼方からの手紙
080118_1147~01.jpg
foodstock初期メムバーでありcitysportsでお馴染み(知ってる貴方はかなりレア)マイメン大金くんがラオスへ旅行に行っている

今はバンビエンという地にいるらしい
どうやら楽園のようだ
この名は部長や光安や野澤せんせ辺りから何度も聞いた気がする
その度に行ったことのない私は胸踊らせるのだ
彼は今日、世界遺産のルアンパバーンというところに向かうようだ
向かう途中に時々、山賊が出るらしいが最近は出てないみたいから大丈夫だろうと彼は言っていた
メールを読んでいて小学生の頃に走れメロスの山賊をやった事を思い出したりした

行った事のある全員が良かったというラオス
日本が好きでまだまだ全く回りきれていないがやはり世界も気になるものだ
正月にインドに行った馨くんはトイレの場所は確認しておくべきだと書いていた
なるほど
確かにそれさえ押さえておけば大丈夫
そんな気がする
生きていくのに金はそんなに必要ないが旅行に行く位の金は常にないといかんな
先頃、身の丈に合わぬ買い物をしたばかりの私は早速そう思うのであった


写真は
以前、部長からもらった筆入れの局部
確かラオスのお婆さんによる刺繍だった気がする
彼が居るのはきっとこんなところ


どうか良い旅を
| foodstocku26 | 諸国漫遊 | 13:39 | comments(2) | - |
思い出したのは夏のある日
20070517_190975.JPG
友人のマーサ子が自転車で湘南に行った
羨ましい
最近はいつも車
久しぶりに無茶な距離を走りたい

夏休みだったかなぁ
中学生の頃のとある夕方
友人数人と急に鎌倉に行くことにした
僕らが住んでいた港区新橋から鎌倉
車でもなかなかの距離だ
そこを自転車で行こうというのだ
マウンテンバイクなんて持ってない
無論ママチャリでだ
出発は翌早朝
それまでに急いで仮眠をとった

再度集合
ペダルを踏み始める
朝もやの中
籠にはラジカセ
なんとなく鎌倉を目指すのだ
メンバーは誰だったか
あまり覚えていない
確か5,6人
その頃の友人とは中学卒業を待たずして
なぜか疎遠になっていた
気がついたら嫌われていた
まぁ私のこんな性格が
そのまま中学生なんだから
そりゃあ変だ
なんとなく嫌がるその気持ち
痛いほど良く分かる
それでも世界は繋がっている訳で
今でも時々噂を耳にする

どうやら元気らしい
そうか元気か
うん、良かった
こういう時の気持ちはどう表現したら良いのか
なんとなく不思議な気持ちになるものだ

話が逸れた
元に戻そう

新橋、浜松町、田町、品川
第一京浜をひたすら神奈川方面へ
基本的に情報は無かった
あったのは向こう!って事だけ
とりあえずその向こうを目指せばどうにかなる
そう信じていた

途中で何度も道を間違える
地図も無いんだ当たり前だ
そのたびに鎌倉はどっちですか?inコンビニ
まだ品川区
よくて大田区
『あっちの方』とコンビニの店員
そうとしか答えようが無かっただろう
迷惑なガキだ

店員の言葉を信じ
あっちへ進む
途中から無の境地へ
ランナーズハイの状態に入ったのか
とんと記憶が無い
おそらく凄い遠回りをしながらだろうが
気がつけばゴールに急接近
トンネルを抜け江ノ島が遠くに見えてきた
すかさずかけたくてウズウズしていたテープをデッキへ
お決まりのサザンオールスターズが流れ出す
異常な盛り上がり
そういえば自転車で鎌倉へサザンを聞きに行こう
そんな発案からの遠出だった気がする

着いたのはもう昼前
腹が減りマクドナルドで昼食
その後、水着も無いのに海へ
宗教の人に良く分からない本を売りつけられたりしながら
なんとなく海で遊んだ
楽しかった何だかやたら愉快だった

日が暮れ始め気がついた
帰らなきゃいけないんじゃない?
当たり前だ
電車か?
電車賃なんか無い
何のための自転車だ

自転車を翻し
サザンをリピート再生に
遮二無二ペダルを踏む
どうも鎌倉から手前の記憶が無い
なんでだろう?
気がつくとそこは平和島駅の辺りだった
もう少しだ
品川を越え
田町が見えてくる
私の中学校の学区は浜松町まで
しかし当時仲の良かった友人が田町にいたので
田町も心の中ではホーム気分
やっと戻ってこれた
疲れがどっと出る
なんとか新橋まで走り続ける
友人と別れ
家で風呂に入り
そして寝た
充実した一日だった


自転車はいい
風をあびながら坂を下れば
嫌な事なんか忘れてしまう
凄く気分が良くなるのだ
さすがに大人になってからの悩みは
複雑になり過ぎていて効果が無いかも知れないが
試してみなけりゃ始まらない
というか単純に楽しそう
今度、彼女を誘って
サイクリングでもしてみようか
なんて思ったりもする
どうせなら北海道とかで乗り回したいなぁ♪

そういえば北海道時代
自転車に乗りながら霊体験を…
長くなるので終わり



BGM
SIDEGORI
NOT CAR BUT BIKE

| foodstocku26 | 諸国漫遊 | 14:04 | comments(0) | - |
ジョンレノンのレシピ
20061116_55365.jpg
ちなみに今回
相当長いです。
皆様の暇つぶしになれれば
これ幸いです
---------------

行ってきました軽井沢
事が決まったのは当日昼間
何となくそっち方面に
彼女が出張で行ってるし
古めかしい良いホテルあるらしいし
見たかった展示もう終わっちゃうしで
急遽決定
ホテルを予約出来て一安心
仕事終わらせてから
まずは彼女を迎えに高崎へ
ん?高崎じゃなかったか?
まぁいいか
それから軽井沢へ
こういう時
ナビって本当に有り難い
目的地まで迷わずスイスイ
着いたのは
『軽井沢万平ホテル』
軽井沢万平ホテル
http://www.mampei.co.jp
創業110年を数える老舗ホテル
戦時中には
幾つもの大使館職員の疎開先
戦後はGHQにより
アメリカ専用だか何だか…
そんな数奇な運命を辿った
クラシックホテルは未だ健在
ところどころ手直ししながら
どっしりとした貫禄を見せつける
要所要所に軽井沢彫りが見え隠れ
ええ…そりゃあもう
グッときます
しかも売り物ではなく
普通に使われているので
触って手でも楽しめる
彫りの角が丸くなってる
色んな人が触ったのだろうなぁ
ああ良い仕事してるねぇ
真面目な仕事は残るんだねぇ
さて部屋に入った私たち
仕事の後に出たもので
朝早かった私も
出張巡業後の彼女も
速攻で就寝
明日も楽しむぞムニャムニャ

おはようございます
さぁ起きまして
先ずは朝食
和or洋が選べるのですが
日本とはいえホテルなのですが
何となく和食
だって食べたかったんだもん
お粥御膳が!
しかし選んで大正解
(まぁ次回は洋だけど)
お粥にね
べっこう餡てのを
かけるんですが
これがまた美味しいのよ
濃〜くひいた出汁に
生姜がピリリときいてんの
濃口醤油で味を決めて
なめこを潜ませとく遊び心
かぁ〜
日本人てのは本当に粋だねぇ
なんて感じで満足満腹
部屋に戻って荷物をまとめなきゃ
ドタバタしまって
チェックアウト
さて落ちついて
開いたばかりのサロンで
ひと息つきますか
さぁお待ちかね
ジョンレノンの愛した
『ロイヤルミルクティー』
たのしみ〜
メニューをひらいて
ブルーベリータルトと
ロイヤルミルクティーを2つオーダー
待つことしばし
来ましたよ愛しの紅茶が
フレッシュクリームのホイップが浮いた
ロイヤルミルクティー
甘いのにベタつかない
んま〜い♪
そこで控えしはブルーベリータルト
フレッシュ!!!!!
フレッシュ!!!!!
瑞々しいブルーベリーに
サックサクのタルトが
紅茶に合う〜♪
いつか泊まりたい
猫足バスタブのお部屋
それでも何よりも
思いつきで泊まれた奇跡に感謝しつつ
満足げにホテルを後にした

ホテルを出て
次の目的地に向かう最中
見つけたのは
『浅野屋』というパン屋さん
前夜に興奮気味な黒磯の姉から
美味しいパン屋情報をゲットしていたので
迷わずロックオン
次の日の朝ご飯用に幾つか購入
むふふ

こんがりパンの匂いをかぎながら
向かったのは今回の主役
メルシャン軽井沢美術館
人と自然:ある芸術家の理想と挑戦
『フンデルトヴァッサー展』
彼女の大好きな…画家(?)
絵を書いたり
版画やったり
ポスター作ったり
凧作ったり
ゴミ処理場作ったり
…とまぁむちゃくちゃな人
でもその1つ1つを
細かく見ていくと面白い
直線は一本もなくて
一筆一筆
一彫一彫
一色一色
すべてが繊細で優しい
緩やかなラインが
穏やかな色彩で
埋め尽くされています
なるほどなぁ
確かにこりゃいいや
会場内で流されていた
彼の言葉が聞けるDVDが欲しかったが
字幕付きDVDは
販売してない模様
そりゃないぜ
今更、字幕なしのVHSじゃ
満足できねぇよ
お絵描きコーナーがあったので
2人並んで落書き
愉しいなぁ
来年2月に
日本橋三越で巡回予定あり
また行こうと目論でおります

フンデルトヴァッサー参考サイト
http://homepage1.nifty.com/spacekids/wasser.html

小腹空いたので
軽井沢内にあった
オサレ蕎麦屋『川上庵』へ
蕎麦湯はしゃばしゃばだったものの
彼女の食べた
『くるみだれせいろ』は
絶品でございました
苦味が良いです
疲れた身体に活力が入りました

終わり頃とはいえ
紅葉シーズンド真ん中
車を走らせながら
山の空気にもふれられて
とても良い週末でした
帰り道も全く引っかかる事なく
スルリと到着
作戦勝ちですね
圧倒的に
ハハハ

ところで
ホテルでの夜に夢を見ました
ジョンレノンの
ロイヤルミルクティーのレシピが
早朝に館内放送で流される
そんな夢
起きぬけに(夢の中での)
『おいおい
メモしたいけど
眠くて無理だよ』
そんな夢でした
というのも
そもそも万平ホテルには
ロイヤルミルクティーが無かったようで
ジョンレノンが滞在していた際に
こういう紅茶を作ってくれと
教えられて出していたら
そのままメニューに加わってしまった
なんて歴史を知っていたので
寝る直前に彼女が口にした(夢?)
『ジョンレノンのレシピなんだね』
が、やたらと頭に残り
夢に出たのかなと思っています
あ〜いまだに悔しい
夢の中とはいえ
細かくレシピ言ってたからなぁ
どうせなら夢の中での
ジョンレノンのレシピも
飲んでみたかったなぁ

長々と読んだ
そこのあなた
お疲れさまでした
とても良いホテルなので
いつか行ってみて下さいね


ところで今朝は
五時半起床で
天気予報チェックして
タイマー予約しておいた
洗濯物をベランダに干しました
今日は洗濯日和みたいですね
気持ちよい秋晴れでございます

| foodstocku26 | 諸国漫遊 | 09:21 | comments(0) | - |